総量規制対象外の融資ができる金融機関

総量規制対象外の借り入れの方法として活用されていた銀行系のカードローンですが。最近過剰貸し付けの防止を行うため総量規制の対象となった位置づけの銀行カードローンに変化しています。
このカードローンでは、年収の3分の1以上の借り入れをできなくなったことで、総量規制の対象外のカードローンは、銀行をでは存在しないことになりました。

しかし、最近では消費者金融で総量規制の対象外となる借り入れを行うことができる商品が登場しています。それは消費者金融が行っている借り入れですが総量規制の例外に該当する方法を採用して融資を受けることが可能です。

この融資についてはだれでも利用できるわけではありません。一定の条件に該当している人が融資を受けることができるものです。

それが、現在借り入れを行っているものをまとめることや借り換えの行うために消費者金融で融資を受ける場合に総量規制の例外として借り入れをすることができます。

複数の借り入れがある事は毎月の返済額や金利の負担が大きく返済することが長期化することで難しくなります。この問題を解決するために一本化することで金利を減らすことや返済額を少なくすることができるため、借り入れを行っている人の負担を軽減させる新しい融資になります。  

総量規制の対象外に該当する消費者金融での融資については例外や除外があることで、利用できるようになっています。

現在適用される総量規制の例外では、顧客に有利になる借り換えや社会的に必要と認められる費用を支払うために必要な貸し付け、緊急の医療費の貸し付けや個人事業者に対する貸し付けなどが該当しています。

これら以外にもつなぎ融資も例外に該当していることで利用できる融資になります。どれも、借り入れを行う利用者にとって必要なことや有利な条件になるので、例外に該当する融資になります。  

総量規制の除外に該当しているものが、高額療養費に該当する貸し付けや自動車購入後は不動産購入などの貸し付け、有価証券の担保貸し付けや不動産担保の貸し付けについても除外になっています。

有価証券や不動産の担保は、無担保でなく金融機関で行っている資産を担保にして融資を行う方法になるので除外に該当しています。

融資を受ける条件によっては対象外になる融資も存在しているので、借り入れを行う条件がどのような状態になっているかにより融資を受けることができる条件も存在しています。

簡単に融資ができないと諦めるよりも状況を考えて消費者金融に相談することも今後は必要なことになります。