お金を借りることを正しく理解する

c1

経済社会で生活を営み続けるうえで、お金という存在は必要不可欠であり、これを稼ぐべく、私たちは「働いて対価を得る」という作業を続けています。

これがなければ、食料や衣服類を購入することも、住居を確保することもできなくなり、衣食住という、私たちが生きてゆく上で必要な三本柱の確保に、支障が生じてしまいます。

「健康であれば何とかなる」との楽天的な考え方も、その行間には「健康であれば、何とか働いてお金を稼いで生きてゆける」との含みが見過ごせません。

一方で定収入があったとしても、それを超える支出が生じてしまえば、手元のお金だけでのやりくりが厳しくなります。それが自身の欲求を満たすために、必要な出費であれば、我慢するというシンプルな対処法で、手持ちのお金を回すことが可能でしょう。

ですが自らの意志とは関係なく、突発的に生じた出来事などへの対処のために、まとまった現金の準備が必要となる可能性は、すべての人たちに共通するリスクです。それは結婚式への招待が立て続けとなったなど、喜ばしいものばかりとは限りません。

自身や家族が事故に遭遇した、大病を患った、災害に遭ってしまったなど、招かざる状況に対し、早急に準備せねばならないケースも、多数想定されます。

手持ちの現金でカバーし切れない以上、外部から調達しなければならず、お金を借りることが必要です。ですが家族や友人知人など、互いを認識し合う人間関係の範疇内でのお金の貸し借りは、ひとつ間違えると、それまでの円滑な関係を、一瞬で崩し去ってしまい兼ねません

「金の切れ目が縁の切れ目」なる諺が示唆する通り、できれば面識のある者間での貸し借りは、回避が賢明でしょう。

そこで選択肢として浮上するのが、消費者金融が提供する、キャッシングサービスの活用です。あくまで契約に基づき、無担保で迅速な融資が受けられるこのサービスは、家族や知人を巻き込まずに、速やかに現金を用立てられるメリットが見過ごせません。

ただし借入に際しては、所定の審査を通過せねばならず、返済が滞った場合には、合法的なペナルティが課せられるシステムである点を、正しく理解しておく必要があります。

金融業者から借りたお金は、契約上の約束期日までに、所定の利息を添えて確実に返済しなければならず、これはキャッシングサービスを利用者全員に共通する「義務」に他なりません。

緊急時の現金調達方法として、このサービスの存在を認識しておくことも、経済社会を生きるうえで、必要な作業のひとつと言えるでしょう。